お知らせ:当サイトは新たに「あおやぎメモ」に移行いたします。このバナーから移動できます。

年賀状印刷ならデザイン豊富な『挨拶状ドットコム』がオススメ!映画も安くなるよ

この記事はこんなあなたにオススメです

✅ネットで年賀状を注文することに抵抗感がある
✅LINEなどではなく、あえてきちんと作成したい
✅こんな時代だからこそ温かみを見直したい

                          

青柳
青柳

こんにちは、青柳です。

この記事では年賀状を出そうかどうか、もしくはどのサイトが良いのか分からずに迷っているあなたに向けて書いているよ。

いまの時代は、年賀状など出さずにLINEなどのアプリで済ませる人も多いですよね。
賛否両論はあるけれども、これを読んでいるあなたは年賀状を出そうという意思は決まっているはずだよね?
そうでなければ、こんな記事は読む必要がないからね。

挨拶状ドットコムは実際に私も利用しているので、あなたの年賀状を作る参考になれば嬉しいです。
では一緒に見ていくことにしましょう。

                             

年賀状印刷ならデザイン豊富な「挨拶状ドットコム」がオススメ

Anna LarinによるPixabayからの画像

挨拶状ドットコムってどんな会社?

まずは挨拶状ドットコムというのがどんな会社なのかを確認しておきましょう。なんでもそうですが、お金を払う以上どんな会社なのかを把握するのは非常に大事です。

グリーティングワークスという会社で大阪に本社があり、2003年に事業を立ち上げて現在に至っています。
その間、業界では複数の賞を受賞し、新しいサービスも積極的に取り入れています。

また、フジテレビなどの民放各社のほか、日本経済新聞などのメディアにも数多く取り上げられており、会社としての信用実績は十分であると言えます。
あなたもどこかで目にしたことはあるのではないでしょうか?

ちなみにフリーダイヤルでお問い合わせ先が用意されています。メールでの問い合わせももちろん用意されていますが、電話で直接話ができるのは嬉しいですよね。

挨拶状ドットコムではどんなことができるの?

挨拶状ドットコムは、その名のとおり挨拶状に特化している会社です。今回は年賀状にスポットを当てていますが、それだけではありません。

個人であれば寒中見舞いや暑中見舞い、結婚の報告などに対応しています。また、法人であれば会社設立や事務所の移転など、その範囲は多岐にわたり、およそ挨拶状に関することで困ることはないでしょう。

年賀状以外も確認してみたいという方は下記のリンクから確認してみてください。あくまでも一例ですので、種類は豊富にあります。

挨拶状ドットコムではどんな人たちが仕事してるの?

挨拶状ドットコムのHPにはスタッフコラムのページが用意されており、デザインのお披露目やスタッフ自身へのインタビューなどが掲載されています。

もちろんですがスタッフの方の写真付きで紹介されていますので、どういった現場で年賀状を作成しているのか、そしてどんな思い入れで作成しているのかを感じることができます。

                      

青柳
青柳

こういった形でスタッフの顔や仕事ぶりが確認できるのは、頼む側としては安心感があるよね。

                         

挨拶状ドットコムでの注文の流れを確認しよう

S. Hermann & F. RichterによるPixabayからの画像

年賀状注文までの流れ

では、ここからは実際にどんな流れで年賀状を注文できるのかを確認していきましょう。
流れ自体は非常にシンプルです。

  • 年賀状のデザインを選択する
  • 年賀状内のコメント文を考える
  • 宛名(表面)も印刷するかどうか検討する
  • 実際の金額と納期を確認する
  • 全てが整ったら実際に注文する

大まかには以上です。特に難しいところはありません。画面の流れも分かりやすいので、あまり迷うことはないかと思います。

まずは豊富なデザインを選ぼう

まず年賀状を注文するにあたっては、デザインが基本です。これなくして年賀状の注文はありません^ ^

まずは挨拶状ドットコム 年賀状印刷のページに入っていきます。トップページから少しだけ下にスクロールすると、以下の画像が表示されますので、ここからお好みのデザインを選択することができます。

                         

                           

このほかにも、写真を入れられるタイプや各種条件を指定しての選択もできますので、選びやすい方法で自由にご覧ください。

年賀状内のコメントも自由に変更可能

この中から気に入った物が見つけられたら、その画像をクリックします。そうすると以下の画像が表示されて、作者さんのデザインのポイントや簡単な見積もりが表示されますので、第一段階としてご確認ください。

                           

青柳
青柳

この年賀状をデザインした方の思い入れなどのコメントが確認できるのが、温かみがあっていいよね。

                        

赤矢印で選択できる箇所を示していますが、気に入ったデザインであれば実際に選択して先へ進んでみましょう。

すると会員登録及びログイン画面に移りますが、下記画像のとおり、宛名印刷を付加しなければ、会員登録の必要はありません。
会員登録がわずらわしい方には嬉しいですよね。

                        

今回はログインせずに進んでみることにしましょう。初めての方はこの方が安心ですよね。

                          

                           

ここでも分かるとおり、ここで細かく設定が可能です。

・デザイン変更
 そもそものデザインをここで再度変更することができます。

・差出人
 差出人であるなたの名前や住所、連名などを入力できます。

・自由文
 ここでは文章そのものと文字の大きさ、色などを変更できます。

・一言コメント
 文字通り一言コメントを添えられます。

ネットでの年賀状注文では文面が決まっていたり、大きさや色を修正できない場合が多いですが、文面の位置も含めて挨拶状ドットコムではそれらをデザインに合わせて調整することが可能です。

最終的にプレビュー画面でしっかり確認できますので、まずは会員登録もせずに試験的に試してみるのがいいでしょう。

気に入らなければバツッと消せばいいだけです( ̄▽ ̄)

裏面だけではなく表の宛名書きも対応可能

挨拶状ドットコムでは、年賀状の裏面だけではなく表面(宛名)の印刷も依頼することができます。

宛名は手書きがいいなと思っている方も多いかもしれませんが、実際には書き方を間違ってしまうと、その一枚は無駄になってしまいますよね^ ^

まさか修正ペンを使用するわけにもいきませんし、もったいないです。そんなあなたには、宛名印刷がオススメです。

会員登録が必要にはなりますが、宛名印刷をしてもらえるのであれば結果的には無駄が省けますので、検討の余地はあろうかと思います。

実際に挨拶状ドットコムで注文してみよう

congerdesignによるPixabayからの画像

価格や支払い方法についてしっかりと確認しよう

最終的に金額の確認画面が表示されますので、年賀状そのものの金額や送料、配送までの期間をきちんと確認してください。

支払いについては、代金引換(代引き)・クレジットカード・銀行振込が選択可能です。

代引きや銀行振込は手数料がかかるので、個人的にはクレジットカードがオススメですが、ここはあなたご自身のご都合で判断ください。

嬉しい割引をきちんと適用しよう

挨拶状ドットコムでは嬉しい割引特典もございます。分かりやすいのが早期割引ですね、早い時期に注文することで割引を受けられる特典です。

また、期間限定ではありますが無料会員登録を行うことで送料が無料になるキャンペーンも行っていますので、それらの詳しい情報は挨拶状ドットコム 年賀状印刷からご確認ください。

さらに特典として、先着順にはなりますがハガキを収納できる「きずなばこ」が特典としてもらえますので、ぜひ確認してみてください。こういうのってあれば微妙に便利なんですよね^ ^

2020年の物になりますが、実際の写真がこちらです。

                       

                        

また、割引特典がほかにもありまして、前の年に利用された方にはDMが年末近くに届きます。そのDMにはクーポンキーワードが記載されており、それを入力すると550円OFFになります。

こういったお得感の高いものは、せっかくですから積極的に活用しない手はありません。

映画などの割引特典が受けられるクラブオフが利用可能

さて、お得感について記載してきましたが、挨拶状ドットコムでは更なる特典が用意されています。

あなたはクラブオフというサービスを利用したことがあるでしょうか?
クラブオフというのは、クレジットカードや保険会社などと契約していると受けられる優待サービスです。

宿泊・飲食店・レジャー施設・映画などの割引を受けられるサービスなのですが、挨拶状ドットコムを利用することで、これらのサービスを特別な手続きは必要とせずに利用することができます。

クラブオフについての詳しい内容はこちらからご確認ください。

『まとめ』お得感の高い早い段階で注文するのがベスト!

ds_30によるPixabayからの画像

                           

まずはここまで読んでいただきありがとうございます。
本当に感謝します。

今回は季節的なもので年賀状を日常の備忘録として書かせていただきました。

冒頭でもお話ししましたが、昨今は年賀状のやりとりが年々減っているのも事実です。
しかし、常日頃会う機会が減ってしまった方に、年一回の近況報告として挨拶状を送るのは決して面倒なことではありません。

表現は良くないですが、100円に満たない金額できちんとした挨拶ができ、かつ相手にも温かい気持ちになってもらえるのであれば、こんないいことはないはずです。

ぜひ、これを機会に年賀状を見直してみませんか。


(注)アイキャッチ画像については「CouleurによるPixabayからの画像」を使用しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA