【オートブラケット(AEB)とは】『超初心者にオススメ』

青柳
青柳

こんにちは、青柳です。

このカテゴリーでは、これからミラーレス一眼を始めたいと思っているあなた、又はやり直したいと思っているあなたに向けて書いています。

かくいう私も、何も勉強せずに撮りまくっていただけなので、これから一緒に知識を増やして「ゆる〜く」ウデをあげたいと思うのでよろしくです。

       

この記事は、こんなあなたにオススメです

✅趣味がカメラと言えたらカッコいいと思っている
✅こんな時代だから、スマホではなくあえてカメラを持ちたい
✅こだわっているフリをしたい(笑)

      

青柳
青柳

この記事を最後まで読んでもらえれば、大まかにオートブラケットについては理解できるよ。

      

ミラーレス一眼のオートブラケット(AEB)とは

Gerd AltmannによるPixabayからの画像

オートブラケット(AEB)の意味

オートブラケットはアルファベットでAEBと表記されますが、Auto Exposure Bracketing(オートエクスポージャブラケット)の頭文字をとったものです。

なんだか凄い必殺技の名前みたいです^ ^

日本語に直訳すると、自動段階露出または自動露出ブラケットでしょうか。

露出を始めとして、シャッタースピードや絞りを自動的にずらして複数枚の撮影をする機能のことです。

      

青柳
青柳

シャッタースピードや絞りそのものを変えるわけではないよ。

    

オートブラケットの種類

私の場合はオリンパスのカメラを使用していますが、基本的な部分は各メーカ共、差異は無いように思われます。

以下は、私の使用しているマニュアルの抜粋です。
   


以上のものがオリンパスでは設定できますが、メーカーによっては若干違う部分があるかもしれません。

ここは、あなた自身のカメラのマニュアルを確認してみて下さい。

実際のオートブラケット撮影を確認しよう

オートブラケットは、同じ条件で段階の違う写真を撮影できるので、あとから一番良いと思った写真、気に入った写真を選ぶことができるのが利点です。

これは何もその場で選択する必要はありません。

自宅のパソコンでチェックしてから、もしくは実際にプリントしてみるのが良いでしょう。

同じ場所、同じ時間でも雰囲気の違う写真が撮れるので、面白さを感じることができると思います。

以下の写真が、実際にオートブラケットの露出を変えた写真です。

変更なし 0.0

           

露出 -1.0

           

露出 +1.0


ちなみに私のオリンパスのカメラでは、0.3・0.7・1.0の刻みで、2枚から7枚の写真を選択することが可能です。

さらに言うと、残念ながら一回のシャッターで撮影できるわけではなく、その都度シャッターを切る必要があります。

とはいえ、その都度設定を変えるのは非常に面倒なので、パターンを変えたい場合はやはり有効だと思われます。

それから、左側の高い木がネズミが立ったみたいに見えるのは私だけでしょうか?

ミラーレス一眼のオートブラケット(AEB)は応用が可能

alainjacq235によるPixabayからの画像

オートブラケット(AEB)は露出以外でも活躍

初心者が分かりやすく使用できるのは、やはり露出(明るさ)です。

これは先ほどの通りで、写真そのものの見た目に直結するので、最初はここからいじっていくのが良いかと思われます。

また、先ほどのマニュアルにもありますが、オリンパスのアートフィルターという機能でも、様々な面白い写真が撮れますので、こういった遊び心を加えながら撮影すると、より楽しく撮影ができることと思います。

オートブラケット(AEB)の注意点

オートブラケットは非常に便利で楽しい機能ですが、どちらかといえば、被写体の対象がある程度限定されます。

具体的には、人物を被写体としてのポートレートや、風景などの動きが少ないものに向いています。

対して、動きの激しいスポーツや、じっとしていられない小さな子供などの撮影には向きません。

これは、決定的瞬間を撮りたい時にオートブラケットを使用すると、最良のカットで露出が合っていないという現象が起こるからです。

この辺りの使い方には注意しましょう。

HDRで写真を合成してみよう

HDRというのはハイダイナミックレンジの略で、早い話が合成写真です。

これは、例えば露出を3段回に分けて複数枚撮影した写真を、カメラ内で合成し、1枚の写真にまとめるというものです。

それぞれのバランスをとった、いいとこ取りの写真といったところでしょうか。

HDRについては、今後別記事で書いていきたいと思います。

『まとめ』ミラーレス一眼のオートブラケット撮影を楽しもう

OrMaVaredoによるPixabayからの画像


まずは、ここまで読んでいただけたことに感謝します。
本当にありがとうございます。

今回はオートブラケットを取り上げてみましたが、いかがでしたでしょうか。

このカテゴリーでは、専門的に追求するというよりは、少し知っているんだぞという部分を取り上げていっております。

実際にはそれで充分なレベルであり、あなたの周りにも今回の記事のような違いを説明できる人は、そうはいないと思います。

写真に正解はありません。

真っ黒だろうが、真っ白だろうが、そこにあなたのこだわりがあれば、それが正解です。

今回の記事が、少しでもあなたのカメラ生活のお役に立てれば幸いです。

気負わずに、ゆる~く成長いたしましょう^ ^


(注)アイキャッチ画像については「Karolina GrabowskaによるPixabayからの画像」を使用しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA