お知らせ:当サイトは新たに「あおやぎメモ」に移行いたします。このバナーから移動できます。

画角と焦点距離とは『超初心者にオススメ』

青柳
青柳

こんにちは、青柳です。

このカテゴリーでは、これからミラーレス一眼を始めたいと思っているあなた、又はやり直したいと思っているあなたに向けて書いています。

かくいう私も、何も勉強せずに撮りまくっていただけなので、これからあなたと一緒に知識を増やして「ゆる〜く」ウデをあげたいと思うのでよろしくです。

            

この記事は、こんなあなたにオススメです

✅趣味がカメラと言えたらかっこいいと思っている
✅こんな時代だから、スマホではなくあえてカメラを持ちたい
✅こだわっているフリをしたい(笑)

            

青柳
青柳

この記事を最後まで読んでいただければ、画角と焦点距離のベース部分を理解することができます。

       

ミラーレス一眼の画角と焦点距離とは?

bruce lamによるPixabayからの画像

ミラーレス一眼の焦点距離とは

焦点距離というのは、レンズの中心(主点)から撮像素子に結像するまでの距離を言います。

青柳
青柳

撮像素子については、別記事を掲載していますので、よろしければこちらをご覧ください。



通常の交換レンズには、25mmまたは40mm〜150mmといったように数値が記載されています。

数値が固定されたものを短焦点レンズ(右側)、数値が調整できるものを望遠レンズ(左側)と呼びます。

この他に、望遠レンズより調整できる範囲が狭い、標準レンズと呼ばれるレンズがあります。

標準レンズは、個人的には最も使い勝手の良いレンズです。

この数値の違いによる写真の差は、後ほど紹介します。

ミラーレス一眼の画角とは?

画角とは、撮影した際に、実際に写る範囲を角度で示したものです。

青柳
青柳

いや・・・写る角度って?
なに言ってるのかよく分かんない・・・



では、角度なんて言葉を使うより、当面は撮影した写真の、枠の大きさと考えてみてはいかがでしょうか。

この場合、焦点距離の数値が小さければ小さいほど、写真の枠は大きくなり、大きければ大きい程、枠が狭くなります。

焦点距離による画角の違いを実際に比べてみよう

論より証拠ではありませんが、実際に画角の違いを見比べてみましょう。

上記が、実際の焦点距離の違いをまとめたものです。

これは、三脚を立てて全く同じ場所で撮影したものです。

14mmでは全体像を把握できますが、150mmだけを見た場合、何の写真なのか判断するのは難しいですよね。

これが焦点距離の違いです。

100mmと150mmがパッと見変化ないように感じますが、窓枠の大きさを見れば、さらに望遠(近くに寄っている)になっていることがわかるかと思います。

ここで人が立っていた場合に、14mmでは判別はできませんが、150mmだとはっきりと認識できるようになります。

14mmでは画角が広い(枠が大きい)分、全体像がハッキリと分かります。

対して、150mmでは近くに寄っている分、画角が狭い(枠が狭い)ということになります。

ミラーレス一眼の画角と焦点距離とレンズの関係

Ahmad ArdityによるPixabayからの画像

広角レンズは画角が広い

広角レンズは、文字通り広い角度(枠が大きい)を写すことができるレンズで、風景写真などで威力を発揮するといっていいでしょう。

メリットとしては、より広い範囲を写すことができますので、どういった背景で写真を撮っているのか、非常にわかりやすいです。

先ほどの写真で実際に判断できるかと思います。

望遠レンズは画角が狭い

対する望遠レンズは、被写体により近づくことができるため、画角が狭いということになります。

つまりこれは、枠が狭いという表現になります。

被写体をクローズアップするのには適していますが、極端な表現をすれば、どんな場所で撮っているのかは分からないということになります。

これも先ほどの写真で判断できますね^ ^

『まとめ』ミラーレス一眼の画角と焦点距離は後でこだわりが出てくる

F. MuhammadによるPixabayからの画像


まずは、ここまで読んでいただけたことに感謝します。

焦点距離と画角については、ミラーレス一眼を使い始めて、段々とこだわりのようなものができてから、いろんなレンズに挑戦する形でも問題ないかと思います。

初めて購入する方であれば、ダブルズームキットでセットになっている2本のレンズを使いこなすことで、更なる高みを望むことができるようになるでしょう。

あれやこれやと手を出すより、まずは手元のものを使いこなすことから考えて良いと思います。

そうすることで、より画角と焦点距離についても理解が得られ、いま読んでいるこの記事は、すごく幼稚に思えるようになるでしょう。

楽しいカメラ生活をお楽しみください。


(注)アイキャッチ画像については「StockSnapによるPixabayからの画像」を使用しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA